自己破産受理までどのくらい時間がかかるの

自己破産受理までどのくらい時間がかかるの

自己破産受理までどのくらい時間がかかるの?

ここまでの自己破産の手続きに関して、流れや手続きの内容はある程度理解していただけたでしょうか?ここに関しては、すべて完璧に理解する必要はありません。ここまでの内容を見て、自己破産の手続きをするには、裁判所に自己破産の申し立てをする、そして申し立てをするに値する客観的な、情報や証拠を裁判所に提出する必要があるのです。提出後、その書類に不備がなければ、あなた自身、または弁護士や司法書士に委任をしていれば、その委任した弁護士や司法書士が裁判所に行って、口頭での対応になります。そして、それを元にして自己破産をするか、しないかを決めていくことになるのです。では、裁判所が、この人は返済が不可と決定して自己破産を受理するまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?
これは裁判所の判断に任せられるため、一概に何日以内で自己破産の手続きが受理されるとは決まりがありません。しかし、だいたいの裁判所では口頭での説明や対応をした後に、1週間以内には結果が出るところが多くなっています。つまり、かなり早く自己破産の可否が決まることになるのです。逆に裁判所に自己破産の申し立てをして、裁判所から呼び出されるまでの方が時間はかかります。それがだいたい1か月近くかかる見込みになっています。しかし、書類を受理してから裁判をするまでの間は、借金や債務を返済しなければいけない債権者に対して、取り立てをすることが禁止となっているのです。