自己破産は悪いことなの?

自己破産は悪いことなの?

自己破産は悪いことなの?

何度か前の内容で説明をしていますが、自己破産をするには裁判所にその申し出をする必要があります。そして、自己破産ができるかどうかの可否の決定について、裁判所の指示に従う必要があるのです。そのため、今あなたが借金や債務に苦しんでいましたら、少しでもラクになるために、自己破産できればいいなと、思っているかもしれませんね。しかし、そこで注意して欲しいのは、必ずしも自己破産はできない、ということになります。それは一体なぜでしょうか?自己破産というのは、借金や債務をゼロにしてもらう、ある意味、魔法の杖みたいなものです。これは、お金に困っている側にとっては、ありがたい魔法の杖になります。しかし、逆の見方をすれば、借金や債務をなかったことにしてもらう、正しい表現ではありませんが、それらを踏み倒してもらうことになるのです。では、その自己破産をしたときというのは、法律に触れることになるのでしょうか?
自己破産というのは、法律の用語ではありません。実は破産法という法律があり、それに基づいて裁判所が自己破産をするか、しないかを決定する、というわけになるのです。つまり、自己破産というのは合法になるのです。つまり、自己破産をしたからといって、逮捕される、懲役が科せられる、ということはありません。しかし、自己破産というのは、他に手立てが無くなった場合のみ使う、魔法の杖ですので使わずに任意整理や民事再生するのが無難な方法になるのです。